としひこ歯科クリニック

0952-73-3553

診療時間/ AM9:00〜PM13:00
PM14:30〜PM18:30
土曜日 午後休診
駐車場/ 15台完備

 

としひこ歯科クリニック

診療案内

矯正歯科

歯並びが悪いと、歯みがきがしにくくてむし歯になりやすくなったり、歯並びの悪さがコンプレックスになって、本来の明るい笑顔が見られなくなってしまったりすることもあります。子どものうちに矯正を行なえば期間が短くすみ、肉体的、精神的、経済的な負担が少なくて済むことがあります。
大人になってからでも、矯正をすることができます。下のような歯並びが気になるようでしたら、一度ご相談にいらしてください。

 

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

一般的に出っ歯などと呼ばれてます。上の前歯や上あごの骨が前に出ている状態や、(上あごが出ているのではなく)下あごが後ろに入ってしまっている状態、あるいはその両方が同時に起きている状態を、上顎前突(じょうがくぜんとつ)といいます。笑うと前歯の歯ぐきが出てしまうガミースマイルになる場合もあります。

上顎前突

 

反対咬合(はんたいこうごう)

下顎前突と呼ばれることもありますが、一般に受け口とも呼ばれています。下の前歯が上の前歯より前にある状態です。外側からは、下の唇が出ているように見えたり、下唇が厚く見えたりします。また、下の前歯や唇を無理に唇内に閉じ込めようとして、頬が緊張しているように見える場合もあります。

  反対咬合(はんたいこうごう)

 

開咬(かいこう)

奥歯をかんだ時に前歯がかみ合わず、開いている状態を開咬と言います。指しゃぶりや舌を出すクセがあったり、遺伝などが原因でなることがあります。前歯で食べ物をかみ切れなかったり、話すときに正しい発音ができない場合もあります。

開咬

 

叢生(そうせい)

歯がでこぼこに並んでいる状態で、乱ぐい歯とも言われます。八重歯も叢生(そうせい)の一種です。あごの広さと歯の大きさのバランスが悪いため、狭いあごに歯がきれいに並ばず、でこぼこに重なりあってしまいます。

叢生

 

 

非抜歯矯正

非抜歯矯正治療とは?

としひこ歯科クリニックの矯正治療は、できるだけ健康な歯を抜かないで歯並びをよくすることを目指しています。
歯並びが気になりだした時が矯正を開始する時期だと思います。お子様の歯並びについては早めにご相談いただき、良く治療内容をおたずね下さい。永久歯が生え揃ってからでは、顎と歯の大きさのバランスから永久歯を抜かないときれいに矯正できない場合があります。そこで、当医院ではできるだけ永久歯を抜かないように矯正するために、早期から矯正治療を開始します。具体的には、前歯や、6才臼歯といわれる奥の永久歯が生えてきたら(6~8才くらい)矯正治療を始めています。これによって顎を拡大しながら、乳歯と永久歯の生え替わりをコントロールしてきれいな歯並びに仕上げて いきます。

 

矯正治療の流れ

1.資料(歯型、レントゲン、写真など)を採取して検査します。

2.診断をして治療内容、装置の説明をします。

3.納得して治療を希望すれば開始します。

4.治療中は概ね月1回程度受診していただきます。

5.歯の表面にブラケットといわれる金具をつけて最終仕上げをします。

6.金具をはずして歯が落ち着いて後戻りしなくなるまで保定します。

7.終了

 

矯正治療例

非抜歯矯正

 

3Dリンガルアーチ

 

3Dリンガルアーチ

永久歯に萌え変わるまで顎を拡大したり、歯の位置を若干移動させる装置です。内側に装置があり目立ちません。

 

TOPへ